良い文章指導者の見分け方


総合型選抜入試の需要が高まるにつれ

大学生が文章指導を行うケースが増えています。


しかし、指導の質という観点で見ると

指導後の文章を読んで

「一体、この文は何を伝えたいんだ?」

と感じざるを得ない質の低い指導が増えている

ことも実感としてあります。


というわけで今回は

良い文章指導者を見分ける際のポイント

お伝えしたいと思います。


①カウンセリング力

一次試験突破の鍵を握る志望理由書

これを書くためには

過去をしっかりと振り返るプロセスが必要になります。


その為、指導者は生徒さえまだ気づいてない

内的な動機を見つけるよう

カウンセリングを行うのですが


「何故それをやりたいのか」

ここをある意味しつこく多角的に

掘り下げる指導をできるかが肝になります。


なので、話をしてみて

「この人には話をしやすい」

「真剣に話を聞いてくれる」

「今まで考えたことのない質問を投げかけてくれる」

こんな風に感じられる

カウンセリングの上手な人を選ぶと良いです。


②文章力

大学生なら文章をちゃんと書けて、

文章の指導もできるでしょ

と思われる方も多いかと思いすが、

実際そんなことはありません。


指導後の文章で

「テニヲハ」も出来ていない文章が

出てくることも多々あります。


これはひとえに指導者の文章力の低さ、書く経験の乏しさに起因するものです。


上手く書けない人はどうしても

その文のおかしな点を見つけることが出来ません。


なので指導者を見つける際には

その人が自分一人で書いた文書を

見せてもらうのが手っ取り早いです。


もし、見せてもらえなさそうであれば

記述経験が比較的多い大学3,4年生や大学院生

実地小論文の試験がある大学に受かった学生

を選ぶのが良いと思います。


最後に大人がチェックするから大丈夫!!

と、やたら強気な塾などは注意が必要です。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示